銀行カードローンのメリットを知る

銀行カードローンは総量規制の対象外です

銀行カードローンとは文字通り、銀行が提供するカードローンのことです。
特徴としては、金利が低い、融資限度額が高いなどがありますが、何と言っても総量規制の対象外になっているという点でしょう。
総量規制とは、消費者に貸し付ける金額を年収の3分の1までに規制した法律です。
例えば年収が300万円の人なら100万円まで、年収が500万円の人なら約160万円までしか融資されないということです。
これは多重債務者を生まない目的で制定されたのですが、貸付制限ができてしまったことで不便に感じる人も出てきています。
実際、年収の3分の1までの貸付ということは、収入がない専業主婦(主夫)は申込みをすることすらできなくなったということでもあります。
家計を預かる主婦こそ借り入れを利用したいというときがありますが、それが適わなくなったということは、普通の生活をすることすら難しくなる可能性が出てくるかもしれません。
しかし総量規制は貸金業者に対する規制ですので、銀行カードローンは総量規制の対象外になるのです。
そのため貸し付け制限がありません。
もちろん専業主婦でも審査に通過さえすれば利用することが可能です。
また、信用でいっても銀行なら他の金融会社に劣ることはありません。
借り入れに抵抗を感じる人もいるかも知れませんが、安全な銀行なら借り入れに対する不安感も薄れるのではないでしょうか。
あとは自分自身で計画的に利用することで、銀行カードローンの利点を有効活用できます。