今すぐ40万円キャッシングする方法

40万円借りれるカードローン

深夜・土日祝日・雨の日に♪
カードローンの便利なWEB完結!

即日融資でお金を借りるランキング

【とにかくスピード重視】

急いで借りたい!安心の大手銀行系

>>【 プロミス 】▼今すぐチェック!


 プロミス

安心大手で低金利!急いでいる時は断然この1社!


土日・祝日、その日に借りたい場合

ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機で最短即日融資も可能!
自動契約機は22時まで利用可能!(一部21時まで)
自動契約機でのカード受け取りなら基本的に自宅に郵送物は届きません。



 アコム

来店不要で即日融資!大手銀行系特有の対応力が魅力





アイフル

東証一部上場のアイフルなら即日融資も可能!





お金を借りたい時の【2大条件】

低金利重視 スピード重視
低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は審査が柔軟で即日融資可能な銀行系をチョイス!!

40万円キャッシングする流れ


銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 審査
▼ 銀 行
低金利
重視

普 通

低 め

厳しめ
▼ 消費者金融
スピード重視

早 め

高 め

柔軟性あり

※会社によって詳細は異なります。


40万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆

お金を借りる前に

はじめて40万借りる方へ

契約内容を理解できましたか?無理なく確実な返済が可能ですか?
不安がある場合は1人で悩まずに早めに身近な人や、国民生活センター、クレジットカウンセリング協会等に相談しましょう。

40万円キャッシングする方法

「40万円キャッシングしたい!」と思ったら、大きく分けて2つのお勧めの方法があります。それは“即日融資で40万円を借りる方法”と“低金利で四十万円を借りる方法”です。特に、今日中にお金を借りたい!といった場合や今すぐにお金が必要といった場合などには、気軽にお金を借りることができると便利ですので、ぜひチェックして下さい。

即日融資で40万円キャッシングするなら〜大手消費者金融〜

即日融資でお金を借りるといえば、すぐに思い浮かぶのが大手消費者金融からお金を借りる方法です。ではここで、大手消費者金融からお金を借りるメリットとデメリットについて、ご紹介します。


今すぐ40万円キャッシング

消費者金融からお金を借りるメリット

・銀行などと比べて審査が甘いためお金を借りやすい
・即日融資が可能なので、契約申し込み当日での借り入れも可能
・基本的に無担保&無保証 ・ATMが豊富 例)アコムATMは全国に設置されているため、お申込みから現金引き出しまで大変便利です。

消費者金融からお金借りるデメリット

・銀行などと比べると金利が高い

消費者金融でお金を借りる際には即日キャッシングや審査が甘い点はうれしいのですが、銀行などと比べると金利が高い傾向にあることもあり、高額借入や長期借入の際には消費者金融でお金を借りるのは適さない場合があります。借入計画、返済計画などをしっかりとたてて、無理のない借り入れを行いましょう。

低金利で40万円キャッシングするなら〜大手銀行カードローン〜

低金利でお金を借りるといえば、すぐに思い浮かぶのが大手銀行カードローンでお金を借りる方法です。ではここで、大手銀行カードローンからお金を借りるメリットとデメリットについて、ご紹介します。

銀行でお金を借りるメリット

・消費者金融などよりも、低金利でお金を借りることができる
・銀行ならではの資金力で、目的に応じて高額融資を受けることができる
・《総量規制》が適用されないため、収入を超えた融資を受けることができる

銀行でお金を借りるデメリット

・お金を借りるための審査が他の業者に比べて厳しい
・審査申し込みから審査が終了するまでに、多少の時間がかかる

銀行でお金を借りるには低金利や高額融資などメリットがたくさんありますが、“お金を借りるための審査”が一般的な消費者金融などよりも厳しいとされています。 とはいえ、低金利はたいへん魅力的な特徴なので、高額融資を受ける場合や借入期間が長い際には銀行カードローンを利用したいものです。同じ金額のお金を借りても、金利の違いが返済の際には利息となって振りかかってきますので、十分にご検討のうえ借り入れ先を決めましょう。